スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榛原総合病院:指定管理者「沖縄徳洲会」に決定 3月から、医師20人で /静岡

1月28日12時1分配信 毎日新聞

 ◇150床予定
 牧之原市の榛原総合病院をめぐり、同市と吉田町でつくる病院組合の臨時議会が27日、同病院であり、指定管理者を医療法人「沖縄徳洲会」とすることが正式に決まった。期間は10年間。2月初旬に基本協定を結び、3月から約20人の医師で150床を稼働させる予定。民営化により危機的な現状から脱する足がかりをつかむことになるが、今の計画によれば、かつての350床態勢に戻るのは12年度の見通しだ。
 沖縄徳洲会は、医療法人グループ「徳洲会」(本部・東京都)のうちの1法人。静岡市駿河区の静岡徳洲会病院をはじめ全国で民間病院を運営している。
 榛原総合病院によると、民営化計画では、来年度は救急医療を再開し現在、医師が足らない内科の診療態勢を整えるほか、5月からは介護老人保健施設を併設する。11年度には周産期センターを設けて12年度に、かつての医師約40人で350床を稼働させる態勢に戻す予定だという。
 27日の臨時議会では、指定管理者を徳洲会とする議案は全会一致で可決された。茂庭将彦院長は取材に「民営化に反発する看護師の退職が相次ぐなど課題も多い。地域の中核病院として再生するには時間がかかるが、職員一丸となって頑張りたい」と話した。【浜中慎哉】

1月28日朝刊

>>記事全文を読む
プロフィール

看護師求人

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。