スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの緊急サポート:子どもの急病に対応、サポート員養成始まる--合志市 /熊本

8月30日12時38分配信 毎日新聞

 急病の子を保護者に代わって病院に連れて行くなどの「こどもの緊急サポート」事業が10月から合志市で始まることになり、29日、子どもを預かる「サポート会員」の養成講座が同市保健福祉センター「ふれあい館」で始まった。
 同市では子育て支援の一環として、02年からファミリーサポート制度を導入。急用や仕事がある保護者に代わって、協力会員が子どもを預かってきたが、病気の子どもは対象外だった。
 しかし、利用者から子どもの急病の際の対応も求める声が多く、市は緊急サポート制度の導入を決定。より専門的な知識を持つサポート会員を養成することになった。
 講座は計3日間で全8項目。それぞれ小児科医や看護師、管理栄養士などが講師となる。受講を終えたサポート会員は、利用者の要請に応じて、急病の子どもを保育園に迎えに行ったり、家で預かったりする。
 初日の29日は協力会員をはじめ、約30人が参加。熊本学園大社会福祉学部の出川聖尚子准教授の講義「子ども・子育てを取り巻く環境と保育の心」などに熱心に聴き入った。
 講座を主催する市社会福祉協議会こども支援センターの北村慶子課長は「新住民が増えたり、核家族が進んで、実家や隣近所などに子どもを預けられない人は多い。制度を通じて、地域ぐるみで子育てを進めていきたい」と話していた。【勝野俊一郎】

>>記事全文を読む

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。