スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問看護サービスに着手 国保すさみ病院

12月12日17時6分配信 紀伊民報

和歌山県すさみ町周参見の国保すさみ病院は、病院に隣接する旧母子健康センターに、24時間体制の訪問看護ステーションを設置し、来年4月からサービスを始める予定だ。町は内科、外科、リハビリテーション科の診療科目に新たに訪問看護ステーション科を加える病院事業設置条例の一部改正案を、11日開会した町議会定例会に提案した。高垣有作院長は「山間部であっても、いま以上に安心して住んでいただけるようにしていきたい」と話している。
 訪問看護は、病気や障害のある人が自宅で療養生活を送れるよう、訪問看護ステーションから看護師が訪れ、支援するサービス。各地で病院や開業医、民間事業者がしているが、すさみ町内で着手するのは初めてという。
 同町は山間部に集落が点在する上、町内に39ある集落のうち、65歳以上の人が過半数の限界集落が16を数え、過疎と高齢化が深刻。今後、病院は利用者総数が減る半面、高齢患者の増加が想定されている。通院が困難な患者は受診が遅れて重症化することが懸念され、地域特性に見合った取り組みが求められている。
 地域医療で重要な役割を担う国保すさみ病院では、外来通院が困難な患者の自宅を医師が定期的に訪問して診察する訪問診療を昨春から実施。訪問看護ステーションは、訪問診療の取り組みを補完し在宅医療を支える。高垣院長は「病院が目指す地域医療を考える中で必要な機能」と説明する。
 計画では、ステーションに看護師2人、准看護師1人、理学療法士1人が待機。病状や療養生活を専門家の目で見守り、24時間365日対応する。町内や近隣の開業医などの医療機関、介護施設とも連携し、さまざまな在宅ケアサービスの使い方も提案していくという。
 高垣院長は「自宅でするリハビリは、患者の生活に合ったもので理想的。病状の悪化を早く見つけることもでき、結果的に医療費の軽減につながる」とみている。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。