スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア人看護師候補者:ただ今、猛勉強中--来日第1陣の2人 /栃木

1月7日13時1分配信 毎日新聞

野木町の「リハビリテーション花の舎病院」で、日本とインドネシアとの経済連携協定(EPA)第1陣として来日した2人のインドネシア人看護師候補者が、2月の看護師国家試験の合格を目指し、猛勉強を続けている。研修期間の3年以内に合格できなければ、帰国しなければならない。難関突破に向け、2人をサポートする病院との「二人三脚」の日々が続く。
2人はビンジョリ・ジャヒサルさん(27)とダセップ・サエプル・アンワールさん(28)。医療現場の人材確保を目的に、インドネシアから看護師候補者第1陣の104人が、08年8月に来日。半年間の日本語研修を終え、それぞれの病院や施設に配属された。ビンジョリさんらは昨年2月、同病院に着任した。
ビンジョリさんによると、インドネシアでは日本のような国民健康保険の制度がないという。費用が払えない患者は十分な医療を受けることができない。ビンジョリさんは資格取得後に日本の病院で経験を積み、「(将来は)インドネシアで良い医療システムを作っていく役割を果たしたい」と夢を膨らます。ダセップさんも「合格できたら、できるだけ日本で長く働きたい」と意欲的だ。
船田淳子看護部長は2人のために昨年8月、「夏期講習」を実施した。5人の看護師とスタッフ1人が交代で2人の勉強をサポート。平日は1日8時間机に向かう。看護師候補者の渡航費や半年間の日本語研修費は国がまかなうが、その後の研修費用などはすべて受け入れ先の医療機関が負担する。それでも船田部長は「2人が経験を生かして将来、インドネシア人の後輩に教えてくれるシステムができれば」と期待は大きい。

>>記事全文を読む
看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。