スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<身体拘束>賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決

1月26日10時55分配信 毎日新聞

 入院患者をベッドに拘束したことの違法性が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は26日、身体拘束を違法と認めた2審・名古屋高裁判決(08年9月)を破棄し、患者側の請求を棄却した。患者側逆転敗訴が確定した。同種訴訟で最高裁が判断を示したのは初めて。【銭場裕司】

 訴訟は岐阜県大垣市の女性(入院当時80歳)が、ベッドに縛り付けられ心身に苦痛を受けたとして、一宮西病院(愛知県一宮市)を運営する医療法人「杏嶺会」に600万円の賠償を求めた。女性の死後、遺族が訴訟を承継していた。

 2審判決によると、女性は腰痛などで入院していた03年11月、深夜に興奮状態が収まらずナースコールを繰り返し、汚れていないのに何度もおむつを交換するよう求めた。このため、看護師がひも付き抑制具で両手をベッドにくくりつけ、約2時間拘束した。女性は拘束を外そうとして生じたとみられる傷を手首などに負った。

 小法廷はまず身体拘束について「患者の受傷を防止するためなど、やむを得ないと認められる事情がある時だけ許される」と判断。そのうえで「看護師が繰り返し対応して落ち着かせようとしたが、女性は意識混濁状態でベッドから転落したり転倒する危険性が極めて高かった」と認定。当直の看護師3人で入院患者27人に対応していた点も考慮し「深夜に長時間、看護師が付きっ切りで対応するのは困難。身体拘束に替わる方法がなく、拘束も約2時間と必要最小限だった」として違法性を認めなかった。

 患者側は「厳格な要件をクリアしなければ拘束は許されない」と主張。1審は請求を棄却したが、2審は「拘束しなければ重大な傷害を負う危険性があったとまでは認められない」と70万円の支払いを命じていた。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。