スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49歳“新米”医師奮闘中 延岡市の研修医・大崎さん 薬剤師から転身「橋渡し役に」

3月5日15時7分配信 西日本新聞

 薬剤師から転身し、43歳で大学の医学部に合格した異色の医師がいる。宮崎県延岡市の県立延岡病院に研修医として勤務する大崎俊卓(としたか)さん(49)。「薬剤師の裁量権は狭く限界があった。どうしても医師になりたかった」。2年間の研修を終え、4月からは同県日向市の民間病院に眼科医として勤務する予定で「医師として経験を積み、薬剤師との橋渡し役も務めたい」と張り切っている。

 大崎さんは延岡市出身。東京薬科大薬学部を卒業後、東京の調剤薬局で働いた。2年目ごろから「薬剤師には処方権がなく、何をするにも医師の了解が必要。でも臨床の現場を知らないから意見も言えない」と、窮屈さを感じていた。

 1984年に実家に戻り薬局を継いだ。このころから医学部挑戦を考えたが、薬局は年中無休で、午前8時から午後11時ごろまで働きづめ。「勉強の時間がなく踏み出せなかった」。眼科の調剤薬局の仕事を始め、経営が安定したのを契機に、毎日1時間半ほど受験勉強を始めた。

 99年からセンター試験に挑戦。5年目の2003年、藤田保健衛生大医学部(愛知県豊明市)の学士編入試験(在学期間を5年に短縮)に合格した。「薬剤師のまま終わりたくなかった。あきらめなかったからできた」

 08年に医師免許を取得。延岡病院の研修では神経内科や小児科などを経験した。救急外来では深夜に呼び出され、仮眠できないまま翌日の手術に立ち会うことも。「命を救うことができ、患者にも感謝される。やりがいがある」

 薬剤師時代の蓄積を生かせる眼科医の道を選んだ。「まず多くの症例に接して技術を磨きたい。自分のように医師を目指す社会人の手助けもしたい」。4月からは、診療をしながら宮崎大大学院にも通い、博士号取得を目指すという。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。