スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護職員アンケ:仕事量増7割、辞めたい3割 人手不足、休み取れず /秋田

5月20日12時28分配信 毎日新聞

 ◇県医労連が実施 患者の安全にも不安
 県医労連(中村秀也委員長)は、看護職員を対象に実施したアンケート結果を発表。「1年前より仕事量が増えた」との回答が7割を超え、「いつも仕事を辞めたいと思う」が3割近くもあった。いずれも人手不足が理由で、体調不良を訴える声も多かった。
 日本医労連による全国調査の一環で、09年11月~10年1月に県内医療施設で働く看護職員(看護師や准看護師、保健師や助産師)約4000人に実施。1944人から回答を得た。
 その結果、仕事を辞めたいと「いつも思う」は29・4%、「ときどき思う」も54・7%。その理由(複数回答)は「人手不足で仕事がきつい」49・8%、「思うように休暇が取れない」48・8%がそれぞれほぼ半数を占めた。「賃金が安い」との答えも37・5%あった。
 「1年前に比べた仕事量の変化」への回答は「大幅に増えた」が38・5%、「若干増えた」は34・2%。87・6%がこの3年間で「ミスやニアミスを起こしたことがある」といい、「十分な看護ができていない」と考えている人が59・2%に上った。
 また「慢性疲労」「健康への不安」を訴える声はそれぞれ8割を超え、鎮痛剤、胃腸薬などの「薬の常用なし」は34・0%にとどまるなど、健康面での課題も浮かび上がった。看護師等人材確保法は基本指針で夜勤を「月8回以内」としているが、「9回以上」と答えた割合は23・5%と10年前より9・3ポイントも増えた。
 アンケートに「仕事が多すぎてパニック寸前」「病気になっても休めない」などの意見も。県医労連加盟の女性看護師は「業務の複雑さや患者の高齢化で、勤務は以前より過酷になっている」「人手不足で休みが取れず、睡眠薬を飲んで少し眠れるほど。このままでは患者の安全にも不安がある」などと訴えている。【岡田悟】

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。