スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病後児保育室が2カ所オープン、利便性も向上/小田原

6月1日13時30分配信 カナロコ

病気の回復期で集団保育が難しい病後児を預かる小田原市内2カ所目の保育室が1日、私立小田原愛児園(同市浜町1丁目)内に開所する。市中心部の小田原駅近くに位置し、利便性が向上する。

 同園を営む社会福祉法人宝安(ほうあん)寺社会事業部が、市などから補助を受けて運営する。名称は「ほうあんりすのもり」。小田原駅から徒歩約10分の園舎(4階建て)1階部分に開設された。

 市内在住か市内の保育所に通う小学校就学前の児童が利用できる。病気の回復期であることを示す医師の診断が必要。看護師2人と保育士1人が常駐する。

 市の病後児保育事業は2006年7月、私立城前寺保育園の運営で始まった。年間240人前後が利用している。保育室はこれまで、中心部から離れたJR下曽我駅前のここ1カ所に限られていた。

 開所時間は平日午前7時半~午後5時半。定員は4人(予約順)。1日2千円で最長7日間まで利用できる。生活保護世帯などへの減免制度もある。問い合わせは、ほうあんりすのもり電話080(4371)1900。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。