スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定看護師の調査試行事業で熊本大大学院を指定―厚労省

8月31日22時1分配信 医療介護CBニュース

 医師の指示で特定の医療行為を行う特定看護師(仮称)の養成に関する調査試行事業について、厚生労働省は8月31日、熊本大大学院の保健学教育部を新たに指定したと発表した。同事業の指定はこれで5校目。これまで指定を受けた修士課程は、大分県立看護科学大や国際医療福祉大など、いずれも日本版ナースプラクティショナー(NP)の養成を推進する大学院で、NP関連以外では初となる。

 厚労省は6月末から、調査試行事業と情報収集事業の申請受け付けをスタートさせた。
 調査試行事業は、実習場所や指導に当たる医師の確保など、一定の基準を満たした修士課程や研修課程(認定看護師の養成など)が対象。指定校は、「診療の補助」に含まれるかどうかが不明確な行為の実習も可能となるが、安全面の課題や学生の履修状況などの情報を同省に提出する必要がある。一方の情報収集事業は、それら以外の修士課程や研修課程が対象で、特定看護師の養成に関する意見を募るのが狙いだ。

 申請受け付けは同日まで。厚労省によると、13日時点で申請したのは5大学だけだったが、それ以降に多くの申請があったという。同省では、9月中旬までにすべての審査を終える見通し。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。