スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触法精神障害者の指定入院機関、草津に 滋賀県、地元向け説明会を計画

9月2日(木)7時57分配信 産経新聞

 ■平成25年春、精神医療センター内

 殺人や放火などの重大犯罪を起こし、心神喪失などの理由で刑事責任を問えない「触法精神障害者」を受け入れる厚生労働省の指定入院医療機関を、県は県立精神医療センター(草津市笠山)内に開設する方針を決めた。9月定例県議会に提案する一般会計補正予算案に、設計業者に対する委託料約500万円を盛り込む。来年度中に着工、平成25年4月に開院予定。ただ地元の理解が必要で、県は説明会を計画している。

                   ◇

 触法精神障害者は平成13年に起きた大教大付属池田小の児童殺傷事件をきっかけに17年に施行された医療観察法で規程され、指定入院医療機関に入院を命じることができる。検察官からの申し立てをうけ、裁判所が指定入院医療機関の入院が必要かどうかを判断。1年半をめどに入院治療し、裁判所が認めれば退院、社会復帰する。

 県は国に対し医師不足を理由に当面整備が困難であるとしていたが、今年3月、京都大学や滋賀医科大学の協力を得られる見通しがついたとして、整備方針を国に伝えていた。

 県内には、触法精神障害者の通院施設が9カ所あるが、入院施設は初めて。県によると、23床を設け、少なくとも医師3人看護師30人を配置。危機管理のため、玄関を二重構造とし夜間は警備員を配置するという。

 入院する触法精神障害者は県内のほか、近隣の府県在住者で、社会復帰に向け、1年半以内の退院を目指すとしている。

 指定入院医療機関について、厚労省は全国の都道府県に計約800床の整備を目指している。だが、地元住民の反対運動が起きたケースもあり、同省によると、今年3月1日までで、18都府県に20機関、約480床にとどまっている。

 県立精神医療センター内に整備する指定入院医療機関の整備費は約12億円の予定で、全額国が負担する。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。