スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクタージェット 北海道で研究運航開始…初日に搬送

9月6日(月)22時26分配信 毎日新聞

救急患者らを搬送する日本初の「ドクタージェット」の運航開始式が6日、拠点となる札幌市内の丘珠空港であり、1カ月間の研究運航が始まった。この日は早速、釧路市内の医療機関から、未熟児を札幌市内の病院に搬送するための要請があり、第1例として丘珠-釧路空港を往復した。【堀井恵里子】

 ドクタージェットは、10人乗り小型ジェットの内部を改造し、酸素吸入器や搬送台(ストレッチャー)などを設置。患者、付き添い、医師、看護師の4人が搭乗できる。

 現在、北海道内に3機が配備されているドクターヘリの対象地域は半径約100キロで全道をカバーできなかったが、ジェット機は航続距離が2500キロと離島を含む道内12空港に着陸でき、ヘリでは困難だった夜間や悪天候でも運航できるという。ただ、ヘリに比べ約1.2倍の経費が課題で、運営する「道航空医療ネットワーク研究会」の浅井康文札幌医科大教授は「(研究運航で)まず必要性を証明したい」と話す。

 この日は、運航開始式の終了とほぼ同時に搬送要請が入り、丘珠-釧路間を片道約30分で往復。丘珠空港から病院までは防災ヘリが使われ、搬送は要請から約3時間で終了した。

 この研究運航は8月から始める予定だったが、運航を委託している中日本航空の小型機墜落事故で開始が約1カ月遅れた。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。