スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市立緑市民病院:指定管理者、申請者が辞退 条件緩和検討し再公募へ /愛知

9月9日(木)10時57分配信 毎日新聞

 名古屋市は8日、市立緑市民病院の指定管理者選定で申請者が辞退したと発表した。今後、公募条件の緩和を検討して再公募することになるという。
 同病院は医師や看護師不足のため、稼働病床利用率が3年連続で70%を割り込み、今年の市議会2月定例会で12年4月までに指定管理者制度を導入することが議決された。
 市は6月に公募を開始。4者が現地説明会に参加し、2者が事前登録を済ませたが、申請したのは1者だった。しかし今月7日、この1者も医師数確保のめどが立たないことを理由に辞退届を提出した。
 公募では、総合病院である市民病院の形態を維持するため、原則として現在の300病床と内科、外科、小児科、産婦人科など14診療科目のまま受け入れることとした。また、県内で5年以上の実績のある医療機関に絞っており、応募条件が厳しかった。
 市は今後、住民の要望を考慮しながら診療科目の削減や事業者のエリア拡大など条件の緩和を検討するとしている。【高橋恵子】

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。