スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノンテクニカルスキル」の重要性の認識を

9月13日(月)11時18分配信 医療介護CBニュース

 医療現場の安全管理を考えるセミナー「医療機器安全管理研修会」が9月11-12日、東京都内で開かれ、病院の安全管理担当者らが医療機器の取り扱いをめぐるヒヤリ・ハットの事例などを基に、医療事故の防止策や院内組織の在り方について講演した。

 このセミナーは国際予防医学リスクマネージメント連盟が主催したもので、特定機能病院の安全管理担当者や医療事故裁判を担当する弁護士など、合わせて9人が講演した。
 12日には、シンポジウム「医療機器の安全のための職種間ネットワーク」が開かれ、医師と看護師、薬剤師が、それぞれの立場で考える医療現場に必要な安全管理の在り方を提言した。

 医師のパネリストとして参加した橋本重厚氏(福島県立医科大附属病院医療安全管理学教授)は、ヒヤリ・ハットを防止するために必要な2つのヒューマンファクター(人的要因)に着目。その2つとは、業務遂行に必須の「テクニカルスキル」と、安全を守るための「ノンテクニカルスキル」で、安全管理には特に後者が重要だと強調した。橋本氏によると、ノンテクニカルスキルには状況認識や意志決定、コミュニケーション、チームワーク、リーダーシップ、ストレス管理、疲労対策が含まれ、これらを医療現場で実行する際には、「どんな場合でも、皆がいったん手を止めて、チェックリストで問題点の認識と確認を行うこと、医師、看護師という立場に関係なく、声を上げることが重要」とし、教育と訓練でこれらを現場に確実に定着させることが必要と述べた。

 看護師の金子恵美子氏(東京女子医科大病院医療安全対策室)は、医療機器の安全な使用に必要なこととして、▽治療目的の確認▽機種の選択とその構造、原理、操作技術の習得▽トラブル回避力▽情報収集―などを挙げ、医療チームのすべてのメンバーが連携して習得し、周知されなければならないと述べた。また、「現場の医療スタッフと機器メーカー、ME(メディカル・エンジニア)の三者による協同をより深めることで、一つのリスクを低減できる」とし、医療従事者にとどまらないネットワークの有効性を指摘した。

 薬剤師の木村高久氏(日大医学部附属板橋病院薬剤部)は、医療機器を使った投薬をめぐるヒヤリ・ハット防止策を講じる際、「新しい技術には、必ず新しいエラーが付いてくるという認識を持つことが重要」と述べた。その上で木村氏は、安全かつ正確であることの確認を徹底するための「2秒ルール」を提唱。▽患者の名前をアナウンスする前▽オーダーを確定する前▽処置のために病室に入る前▽点滴を交換する前―などの場面で、2秒というわずかな時間でも確認する余裕を持つことがヒヤリ・ハットの回避につながると述べた。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。