スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護職員:8割が慢性疲労 「要因は人員不足」 県医労連調査、997人回答 /三重

9月23日(木)10時52分配信 毎日新聞

 県医療労働組合連合会(伊藤さおり執行委員長)は、県内の看護職員の労働実態調査をまとめ、看護師の8割が慢性疲労に陥っていることが分かった。同労連は「看護職員の大幅増員と、長時間夜勤や残業などを規制するなどの法的な改善措置が必要」と指摘。24日には、看護職員の増員要請や離職防止などの措置を求めた要望書を県に提出する。
 調査は看護師などの労働条件の改善を目的に5年に1度実施し、今回は997人から回答を得た。
 それによると、疲れの回復具合について尋ねたところ、▽「疲れが翌日に残ることが多い」(53・7%)▽「休日でも回復せず、いつも疲れている」(24・3%)--と答えるなど看護師の8割近くがいわゆる「慢性疲労」だった。また、健康状態については▽「不安」(52・3%)▽「大変不安」(16%)▽「病気がちで健康と言えない」(3・4%)--で、7割が健康に不安を抱えていた。
 また、2交代あるいは3交代で勤務する看護師の勤務間隔については「6時間未満」(34%)、「4時間未満」(16・3%)で、疲れが回復しない大きな原因となっているとみている。
 調査結果について、同労連は「人員不足が最大の要因で、その結果として過重労働になるざるを得ない」と分析。「こうした現状に歯止めがかからないのも深刻で、この悪循環を断ち切るためには約55万人いるとされる潜在看護師を復帰させるなど看護師の増員や勤務間隔に規制が必要だ」と話している。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。