スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医行為の責任、医師と看護師の認識に乖離

10月6日(水)21時36分配信 医療介護CBニュース

 厚生労働省は10月6日のチーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ(WG、座長=有賀徹・昭和大医学部教授)で、看護業務実態調査の新たな集計結果を公表した。それによると、現在看護師が行っている医行為について、問題が発生した際の責任の所在が「明確になっている」と回答したのは57.4%(医師59.9%、看護師56.3%、以下同)。このうち、「医師の責任」は34.8%(55.5%、25.5%)、「看護師の責任」17.1%(5.6%、22.4%)、「共同責任」48.0%(38.9%、52.2%)で、医師と看護師の認識に乖離が見られた。

 この集計結果は、看護師が行っている医行為の実施状況や問題が起こった際の責任の所在などをまとめた。有効回答は8104人(2420人、5684人)。
 現在看護師が行っている医行為について、「系統だった院内教育や実習などを経た上で行っている」としたのは69.7%(59.2%、74.1%)。給与面のインセンティブが「ない」と答えた人は64.3%(70.5%、61.6%)に上った。

■実施していない理由、「技術・知識不足」が最多

 一方、看護師が医行為を実施していない理由では(複数回答)、「技術や知識が不足しているから」が81.3%(78.5%、82.6%)で最も多く、以下は「法律の問題」80.8%(71.9%、84.6%)、「マンパワーの問題」38.6%(21.5%、45.9%)などの順だった。有効回答は8075人(2410人、5665人)。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。