スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急判断の目安に 「子ども救急ハンドブック」発刊

10月13日(水)9時55分配信 琉球新報


 県と県小児保健協会は、救急受診の判断の目安になる「子ども救急ハンドブック」をこのほど発刊した。7月に始まった小児救急電話相談事業(#8000)と同様、疲弊する小児救急現場からの要望を受けて事業化。保護者が子どもの病気やけがに関する知識を高め、救急の適切な受診につなげることを目指す。

関係者は適正受診に向けたハンドブックの普及促進の取り組みを進めている。
 ハンドブックは親子健康手帳と同サイズで、出生届の届出時に市町村から配付される。子どもの救急受診で多い発熱やけいれん、嘔吐(おうと)などの症状や、誤飲などの事故やけがなどで、家で様子を見るか、救急を受診した方がいいか判断基準を示している。緊急でないのに救急を受診する「コンビニ受診」を減らし、小児救急の負担軽減を図る。
 課題はハンドブックの普及。県母子保健推進員連絡協議会の棚原利栄子副会長は「地域に密着しているわたしたちの活動を通じて普及の力になれれば」と話す。今月4日の研修会で県内の約120人の母子保健推進員がハンドブックの活用の仕方について学び、普及に向けて動きだした。
 一方、県が県医師会に委託して運営されている電話相談事業は全国共通の「#8000」に電話をすれば、子どもの病気に対して看護師や医師から助言を得られる。7月5日の開始から70日間で799件の相談が寄せられた。電話相談が殺到していた県立南部医療センター・こども医療センター救急室への電話が減るなど一定の効果が見られている。
 関係者は「疲弊する小児救急を救うには一つの方法だけでは解決しない」と指摘。かかりつけ医を持つことや子育て支援の視点で施策を講じていく必要性を挙げている。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。