スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤十字病院3職員 パキスタン救援活動語る 大阪

10月26日(火)7時57分配信 産経新聞

 ■食料配給と間違われ/過酷な猛暑と水不足

 今年7月から洪水被害に見舞われているパキスタンに、救援活動のため8月下旬から派遣されていた大阪赤十字病院(大阪市天王寺区)の職員3人が今月初めまでにそれぞれ帰国。現地の惨状や被災者とのかかわり方、今後の救援活動の課題などについて語った。

 7月下旬の季節風の影響による大雨で、パキスタン北西部から南部に洪水被害が拡大。これまでの被災者の数は国民の1割にのぼる2千万人ともいわれ、海外からの救援活動が今も続いている。

 大阪赤十字病院からは3人が現地へ駆けつけた。臨床検査技師の喜田たろうさん(44)と看護師の河合結子さん(33)は南部で約1カ月間、被災状況を調べたり、外来診療や予防接種などの医療活動に従事。事務の無津呂昌代さん(37)は首都・イスラマバードで約2週間、派遣スタッフとの連絡調整員として支援にあたった。

 喜田さんは「堤防が決壊して道路は寸断され、町が濁流の湖に沈んでいた」と惨状を語る。「初めは医療のニーズが低く、現地調査をしていると、食料の配給と勘違いした群衆に囲まれた。『議論ばかりせず、食べ物を持ってこい』と怒り出す被災者もいた」と支援の難しさについて語った。

 猛暑にも悩まされた。9月上旬まで午前中でも気温は40度に達したという。河合さんは「水が行き届いていないので衛生状態が悪く、下痢や熱中症、脱水症状を訴える人が相次いだ」と明かす。

 河合さんは数千人が集まる避難民キャンプで診察した際、「暑さとイスラム教の断食が重なって現地スタッフが疲れて集まらず、ジェスチャーで患者と向き合ったこともあった」と訴えた。

 無津呂さんは「派遣メンバーを無事に入国させ、いかに早く移動手段を調達するかに腐心した」。当初、外国人スタッフから「連絡調整員などいらない」と、拒絶されたが、しだいに信頼されるようになり、帰国時には感謝されたという。

 国際赤十字では支援金63億円を計上、今後18カ月間にわたる緊急救援計画を打ち出した。喜田さんは「農業への影響や心のケアといった長期的視点に立った支援が必要になるだろう」と話している。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。