スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山城地方向け虐待対応マニュアル 府など研究会

11月10日(水)22時19分配信 京都新聞

児童虐待の発見に努めるため、京都府と京都市、府医師会でつくる「児童虐待における医療機関との連携に関する研究会」は、医療機関向けの虐待対応マニュアルの策定に乗り出した。まず山城地域向けを完成させ、近く医師や看護師などに手渡す。来年度以降、府中部、北部でもマニュアルを整備する方針。
 昨年10月に発足した同研究会の中で、府宇治児童相談所を中心にした分科会が取り組んでいる。
 府宇治児童相談所に寄せられた虐待に関係する通告は昨年度208件で、うち医療機関からは6件にとどまる。しかし、一件は刑事事件に発展するなど、医療機関からの通告は一刻を争う重いケースが多い。一方、医師は患者との関係で通告をためらう場合もあるという。
 研究会に参加した医師から「現場で手にとってすぐに見られるように、できるだけ簡略なマニュアルがいい」という要望もあり、同相談所と府山城北保健所が中心となって策定作業を続けた。
 完成した山城向けマニュアル(暫定版)はA4判24ページ。虐待と事故での外傷の違い、発見のポイント、虐待を疑ったときの重要な証拠となる診療録や診断書の書き方などを紹介している。
 また、「誤通告で法的責任を負うことはない」といった法律上のアドバイス、山城地域の関係機関一覧、宇治児童相談所と山城北保健所が実際に扱った児童虐待の事例報告も載せている。
 20日に京田辺市で開催する医療機関対象の研修会でマニュアルを配布する。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。