スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁画:「心の壁」を取り払え 岩手大・大学院生と花巻病院、絵画で地域と交流 /岩手

11月11日(木)11時31分配信 毎日新聞

 ◇閉鎖的だった精神科、院内明るく
 岩手大・大学院の学生と精神科専門の国立病院機構花巻病院(花巻市)が、地域社会との境界線をなくす事業「ボーダレスアート-心の壁を越えた社会を目指して」に取り組んでいる。壁画制作で院内を明るくすることから始め、患者や地域住民が参加した絵画ワークショップを開くなどしている。今後、効果を検証し、継続していく考えだ。【安藤いく子】
 今年4月、女性看護師が娘の友人で同大学院の三浦裕美さん(24)に、吉住昭院長(62)が企画した壁画制作を持ちかけたことがきっかけだ。三浦さんが、美術専攻の学生に呼びかけ30人集まった。
 吉住院長は、病院は患者が治療を受け、社会参画のきっかけを取り戻す場という考えだ。だが、「迷惑施設と見られるなど、地域社会との接点を持たず閉鎖的だった」という。学生たちに考えを伝え、地域との接点づくりを共に始めることにした。
 壁画制作は8月下旬に始めた。院内を明るくするだけでなく、学生たちが出入りすることで、「閉鎖的」な院内の雰囲気を変えることを狙った。学生たちは、「癒やし」をテーマに1階廊下に、病院の周りにある野の草花を描いた。9月13日から11月3日まで、地域に公開した。
 9、10月は、患者や地域住民に呼び掛けて絵画のワークショップを3回開催。患者25人、住民十数人が参加した。自分の姿をかたどった紙に赤や黄色などで色を付けた作品や、日光写真など約50点を制作。作品も院内で公開したほか、取り組みを広く知ってもらうため、盛岡市清水町の旧石井県令邸で14日まで作品展を開いている。
 病院や学生たちによると、患者たちは、学生たちに「何を描いているのですか」「暑いのにがんばってるね」と話しかけるなどし、変化を喜んでいたようだという。来院した住民へのアンケートでは、「病院に入ることができ、良い機会だった」と歓迎の意見が多いという。
 若松知子総看護師長(56)は「職員も患者を制限し、枠に当てはめていたことに気づかされた」と話す。吉住院長は「患者はもろく、傷つきやすいと考えすぎている。そもそもそれが壁だと思う。プロジェクトは良いきっかけになった」と話す。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。