スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香川大:海外への遠隔医療相談 来月から、タイの日本人対象に /香川

11月25日(木)14時22分配信 毎日新聞

 香川大医学部(三木町)が、タイ北部のチェンマイに住む日本人を対象に月2回の遠隔健康相談サービスを始めることが分かった。今月、徳田雅明教授が現地で健康相談を実施。来月からパソコンのテレビ電話で現地と同大学をつなぎ、医師が相談に応じる。徳田教授は「海外の日本人への医療相談サービスのモデルとして発信したい」と意気込む。厚生労働省政策医療課医療技術情報推進室は「海外を対象にした遠隔医療相談は他に把握していない」という。【吉田卓矢】
 チェンマイの日本総領事館によると、管轄のタイ北部9県の在留邦人は3277人(10月1日現在)。物価の安さや治安の良さなどから、定年退職後に移住やロングステイする人も多い。
 日本語通訳のいる民間病院もあるが、一方で意思疎通が十分にできず、薬の投与量などで不安を持つ人も多いという。
 同大学は、チェンマイ大と06年から交流。医学部ではタイ人医師、看護師などを受け入れ、研修などをしてきた。そんな中、3年前に当時のチェンマイ総領事から「日本人医師を派遣できないか」との話があった。香川大医学部は「派遣は厳しいが、何か協力したい」と検討。かがわ遠隔医療ネットワーク(K-MIX)などで遠隔医療技術の蓄積があったため、同サービスをすることにした。
 今年5月から通信実験を繰り返してきた。その中で、体調不良を訴えた現地の日本人からテレビ電話で症状を聞き、脳血管系疾患の疑いがあったため、受診を指導。病気の早期発見につながった。
 サービスは、チェンマイ在住のロングステイをしている日本人がつくる「チェンマイロングステイライフの会」が遠隔医療相談の希望者から申し込みを受け、同大学の医師がメールで、症状や現在治療中の病気、処方された薬、生活習慣などを記入する用紙を本人に送付。数回メールでやり取りした後、テレビ電話で相談する。
 同学部付属病院医療情報部の横井英人教授は「現地で健康診断を受けた人のデータの見方や、持病を持っている人への相談などもできる」と話す。

>>記事全文を読む

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。タイの法人向け遠隔医療、とっても興味深いです。遠隔地からの手術や複雑な医療行為を遠隔医療システムを通じて行って地球の裏側にいる患者まで診療することができるようになる日が来るでしょうね。
プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。