スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師不足に悩む手術現場、担当者ら不安拭えず

医療介護CBニュース 1月5日(水)8時49分配信

 2010年度の診療報酬改定では、難易度の高い手術を中心に手術料がアップし、病院関係者を喜ばせたが、当の手術部門に勤務する看護師らの表情はさえない。全国的な看護師不足が叫ばれる中、慢性的な人手不足に頭を悩ませているからだ。「人員を増やせずに手術件数だけ増えたら、安全を確保し切れない」―。手術現場の担い手たちは、そんな不安すら感じ始めている。(兼松昭夫)



 横浜市金沢区の横浜市立大附属病院(631床)。市内唯一の特定機能病院として高度医療を担う同病院では10年4月現在、手術待ちの患者が760人に達していたことが明らかになった。手術を担当する看護師が不足し、12室ある手術室の一部が稼働できないことが原因だ。

 手術待ちの患者が特に多いのは整形外科300人、泌尿器科120人など。これらの診療科では、初診から治療開始までに2か月以上かかるケースもある。

 同病院によると、看護師の不足は地方独立行政法人に移行した05年ごろから、病院全体で深刻化し始めた。新たに人材を採用しようにも、地域全体で看護師不足が顕在化し、苦闘が続いた。
 看護師の「離職率」は、手術部門で高い傾向だ。一方で、地域内の手術のニーズは年々増え続け、09年度の実施件数は初めて5000件を突破した。

 現在では、手術室1室当たり3.9人が交代勤務しているが、短時間勤務の職員や新人もいるため、12室をフル稼働させるのは難しい。このため11年度には、手術室の看護配置を8人増やすことにした。
 看護師不足を解消しようと、同病院では人材の確保策を強化。11年度には病院全体で、例年より多い90人近い新規採用にめどが付いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110105-00000000-cbn-soci


看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。