スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県立がんセンター医療事故、引き続き病院の管理体制も捜査/神奈川県警

カナロコ 1月12日(水)22時15分配信

 担当麻酔医が最初から最後まで立ち会っていれば防げた今回の事件。県警捜査1課によると、麻酔科学会では、酸素供給が遮断されても5分以内であれば影響が少ないことから、麻酔医は手術室を5分以上は離れないとする指針があるという。

 事故が起きた手術では、手術室に入室したのが同日午前8時45分で、麻酔医は9時すぎに退室。9時15分に手術開始後すぐに管がはずれたとみられ、異常に気付いた看護師が連絡するまで、麻酔医は約30分間手術室を離れていた。

 県警の調べに、麻酔医は5分以内に戻るつもりで別の手術に参加したと供述しているが、結果的に長時間退室していた上、管が外れた際のアラームを設定していなかったことなどの過失責任を問われたとみられる。

 県警は麻酔医に手術を掛け持ちさせるなどした病院の管理体制についても引き続き、捜査を続けていくという。

 事故後に同センターは事故調査委員会を設置。08年にまとめられた同委員会の報告書に基づき、麻酔医の手術の掛け持ちを禁止するなど事故防止対策を行っているという。

 県立がんセンターを所管する県立病院機構の大崎逸朗理事長は「事実を重く受け止め、引き続き捜査に真剣に協力してまいりたい」とコメントしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110112-00000045-kana-l14

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。