スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師 過労死の危険 4.6%時間外月60時間超

琉球新報 1月14日(金)9時45分配信

県内の100床以上の一般病院で働く看護師の4.6%に当たる94人が、過労死危険レベルの月60時間を超える時間外勤務をしており、全国の4.3%をわずかながら上回っていることが県看護協会の調査で13日までに明らかになった。

看護師の疲労は医療事故の危険や患者へのケアの質に直結するため、同協会は各病院に労働環境の改善を求めると同時に、ワークライフバランス(仕事と生活の両立を無理なく実現できる状態)推進の取り組みを強化していく方針だ。
県看護協会が労働実態調査をするのは初めて。調査は2009年7月の1カ月間の労働実態について、県内の100床以上の一般病院25施設に働く看護職員、看護管理者3850人から回答を得た。有効回答は2786。
時間外勤務が月60時間を超えたのは、20代が最も多く、同世代の6・5%(57人)に上り、16人に1人が過労死危険レベルという深刻な状況。勤務経験別では1年目の12・4%、2~3年目の6・1%が月60時間を超えており、仕事に慣れていない若い看護師ほど、長時間働いていた。
調査ではこのほか時間外勤務時間が長いほど、医療事故の不安を強く感じ、「寝付けない」と答えた人が多くなるなど、長時間労働が看護師自身の健康や、医療安全に及ぼす影響も浮き彫りとなった。

県内は看護師の離職率が全国よりも高く、中でも新人の離職率が増加傾向にある。同協会の奥平登美子会長は「新人はどうしていいのか分からないことが多い。
師長など中間管理職が指揮をしないといけないが、中間管理職も疲れている」と現状を分析。「急性期病院で在院日数の短縮に伴う、病棟業務の多忙化や患者の重症化で看護師の業務が過重になっている。中途退職者を出さないための柔軟な勤務時間や、管理職への研修、ストレスマネジメントが必要だ」と指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110114-00000002-ryu-oki

看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。