スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高度救命救急センター 救いたい、1秒を争う極限の現場

毎日新聞 1月16日(日)12時14分配信

 深夜1時。1人の若い女性が救急車で運び込まれた。薬物による錯乱状態で、建物から飛び降りたという。顔面からは出血し、暴れて言葉もまともではない。24時間365日、重症の外傷患者や心筋こうそくなどの急患を受け入れ、治療をする高度救命救急センター。女性が運ばれた府立急性期・総合医療センターの高度救命救急センター(大阪市住吉区)は、府内に三つあるうちの一つだ。
 同センターに運ばれる患者は1カ月あたり90人以上。15人ずつの医師と看護師が勤務し、当直時間(午後6時~午前9時)は医師4、5人と看護師7人態勢となる。
 救急隊や医療機関から受け入れ要請があると、院内の雰囲気は一変する。症状に合わせ慌ただしく準備がされ、緊張が走る。1秒を争い瞬時に求められる治療指針。医師同士と看護師の密な連携を必要とし、生命を預かる現場はさながら「戦場」だ。
 一方で、緊張感と激務による反動は想像以上に大きい。医師らは30時間以上連続で働くこともある。医療訴訟のリスクも常に存在する。それでも藤見聡・同センター長(45)は「回復への可能性が1%あればそこに懸ける。治療で生き続けられる人がいることが糧」と話す。その言葉に「極限の現場」に立つ医師の誇りが垣間見えた。【大西岳彦、写真も】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110116-00000119-mailo-l27
看護師 求人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

看護師求人

nananamet

Author:nananamet

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
track word
フィードメーター - 看護師求人ニュース あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング
人気ブログランキングへ
スカウター : 看護師求人ニュース
  • seo
BBS7.COM
MENURNDNEXT

人気ブログランキングへ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
無料SEO対策・アクセスアップ リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。